「なないろ鍼灸院」の”なないろ”には2つ意味があります。

1つ目には、病気やケガに対する考え方と関係します。人気グループ”嵐”の楽曲「ふるさと」という曲の中に、”雨降る日があるから虹が出る~” というフレーズがあります。なないろの虹はとてもキレイですが、そのキレイな虹がかかる前には必ず雨が降ります。 怪我や病気も同じではないでしょうか。病気やケガになる時には必ず理由があります。 肩こりや目が疲れている人には、「パソコンのやりすぎじゃないかな」とその人に訴えているのかもしれません。病気になってしまった人には「頑張りすぎだからひと休みしようよ」という身体のサインだったりします。 その心の声に耳を傾け、きちんと身体が健康を取り戻した時、その人にもキレイな ”なないろの虹”がかかるはずです。そのお手伝いとなる治療をしていきたいと思ったのが、「なないろ鍼灸院」にした1つ目の理由です。

2つ目の理由は、私にとってとても大切な子どもたちの存在があります。なないろ鍼灸院を開業する前に4年間勤務していた特別支援学級 ”7組”の子たちの存在です。 この子たちから私は、「コミュニケーションの大切さ」や「信頼されることの大切さ」を学びました。 7組の子の中には、うまく自分の気持ちを言葉で表現する事が苦手な子がいました。ですが、一緒に過ごしていく中で、その子がちゃんと自分の気持ちを表現している事に気が付きました。身体の動き、表情、声、目、色々なものがコミュニケーションになります。 何よりはっきりわかるのは、その子の素敵な笑顔を見ればその子の喜びがすごく伝わってきます。 患者さんも色々な気持ちで治療を受けられます。不安があり、辛さがあり、そして治った時の喜びがあり。言葉ではない所にこそ、本当の想いがあるように感じます。その想いに気が付けることが、治療には大切だと思っています。 入学当初は全然口をきいてくれなかった子も、一緒に過ごしていく中で色々な事を話してくれるようになりました。そんな時は「信頼してくれたのかな」と嬉しく思いました。 治療でも同じだと思います。信頼できて初めて自分の秘密、不安、職場のストレスや悩み等を打ち明けられます。そこにこそ病の本当の原因があることが多くあります。 治療する上で大切なことを、7組の子たちに本当にたくさん教えてもらいました。これは大切なことであると同時に、私の目標であり課題でもあります。これからもずっと、この想いと7組の子たちの優しさをもって治療をしていこうと思い、「なないろ鍼灸院」としました。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 070-6476-7983 診療時間 8:00 〜 20:00(土日祝も診療 不定休)
電話・当日予約 7:30〜18:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+